借金保証人を頼まれる

人間、生きていればお金を借りなければならないタイミングがあります。
しかし、銀行やそのほかの業者などからお金を借りるとなれば、そこには厳格な審査があります。
また、場合によっては保証人を求められることになり、このときに身近な方などに保証人になってくれるように依頼することもあります。

このように依頼する側の立場ならば頭を下げてお願いしたいものですが、これを依頼される側の立場になると少々ややこしい話となります。
どうしてかと言えば、家族や親戚、知り合いや友人などから借金の保証人を頼まれてしまうわけですから、無下にもできませんが、果たして保証人を引き受けていいのかどうかと悩んでしまうからです。
リスクがあると感じて断ってしまうのは簡単ですが、それが大切な知り合いや友人であれば考え込んでしまうものですし、家族や親戚の場合には断っていいのかどうかで悩んでしまうものです。
このような状況になったとき、人間はどう判断するべきでしょうか。

信用できない相手とわかっていてその後の関係も期待できない相手ならばその場で断ることもできるでしょうが、ほとんどの場合にはそうでもないわけですから、微妙な判断を迫られることになってしまうのです。
そこで、ここでは借金の保証人を頼まれてしまったときに、自分が一体どう行動するのが正しいのかということを一緒に考えながら、そもそも保証人制度とは何なのかなども学んでいただきたいと思います。